健康食品あれこれ

    大塚食品の魅力

    大塚食品について

    大塚食品の名前を聞いたことがある人は多いですよね。食料品製造業界を牽引する、リーディングカンパニー的存在です。ちなみに正式社名は「大塚食品株式会社」で、英文社名「Otsuka Foods Co., Ltd.」なんです大塚グループの一員として「ポカリスエット」「カロリーメイト」「SOYJOY」などの研究開発も行っています。そして大塚食品は『食は心にはじまり、美味、安全、安心、健康を創る』を企業理念とし、独自の発想と開発力、そして伝統的なパイオニア精神を基盤に、オリジナルなおいしさと、新しい夢を食卓に届けています(´∀`*)

    大塚食品の歴史

    大塚食品は昭和30年(1955)に「シービーシー食品工業株式会社」を設立しました。そして同39年(1964)「大塚食品工業株式会社」に改称し、平成元年(1989)現在の社名に変更しました。本社は大阪市中央区大手通にあります。

    • 1955年5月 - シービーシー食品工業株式会社設立(東京の中堅機械メーカー商社・シービーシー(当時中外貿易(機械商社)、現:CBC)により設立)
    • 1964年 - 大塚化学傘下入り(資本金7百万円)、大塚食品工業株式会社に社名変更
    • 1968年2月 - 世界初の市販レトルトパウチ食品「ボンカレー」を発売
    • 1976年 - 「親子どん」を発売
    • 1978年 - 「ボンカレーゴールド」を発売
    • 1981年 - 株式会社大塚栄養研究所を吸収合併・増資実施(資本金10億円)
    • 1989年 - 大塚食品株式会社に社名変更
    • 1993年 - 「あ!あれたべよ」(別々に封入した米飯と具入りをカレーソースを1パッケージ化し、電子レンジ加熱可能にした製品)を発売
    • 2002年 - 大塚化学ホールディングスの完全子会社となり、旧大塚化学の食品事業を全面移管
    • 2010年1月 - 大塚ベバレジを吸収合併。これにより「ジャワティ」や「マッチ」、「ネスカフェ缶コーヒーシリーズ」(後発の「香味焙煎」、「ゴールドブレンド」を含む)などの飲料製品の取扱を開始。(ただし、同じ清涼飲料でもオロナミンCドリンクとポカリスエットシリーズについては従来通り大塚製薬の製造・販売となっている)

    大塚食品とは

    そもそも大塚食品は、大塚化学子会社の食品メーカーです、レトルト食品・飲料などの製造を行っています代表的な商品はお馴染みの「ボンカレー」。レトルトカレーといえば、ボンカレー♪ですよね(´▽`)2002年の大塚化学グループ再編以前は、提供クレジットの名義が大塚食品ではなく大塚化学だったそうですまた、更に調べてみて分かったんですが、消費者からの問い合わせ窓口は大塚化学の消費者室(大阪市の本社内)だったそうですよ。

    大塚食品の商品

    大塚食品では1968年の「ボンカレー」を皮切りに、電子レンジ用冷凍食品「マイクロマジック」、主食でカロリーコントロールを提案した「マンナンヒカリ」、『量もカロリーも自分にちょうどいいサイズ』というコンセプトの「マイサイズ」シリーズなど時代に先駆けた商品を次々と発売しています♪「マイサイズ」はダイエット中にお世話になりました~~(´∀`)

    • ボンカレーNEO
    • ボンカレーゴールド21
    • ボンカレー - 現在は沖縄県を中心に販売継続
    • マンナンヒカリ - マンナンヒカリのこにぎり - 冷凍食品
    • 銀座ろくさん亭 - 道場六三郎監修
    • マイクロマジック - 電子レンジでつくるフライドポテト・枝豆などの冷凍食品。箱に書かれた「レンジでチンチン」というキャッチフレーズと、それをアイドル(光GENJI)に歌わせたCMが一部で話題になりましたよね
    • ハローキティ ママの思いやりプラス - パッケージに「ボンカレー」の表記はあるものの別ブランド扱い
    • クリスタルガイザー クリスタルガイザースパークリング黄金のレシピ
    • RIDGE(リッジ) - カルフォルニアワイン
    • どんぶりシリーズ
    • シャーベ
    • ネスカフェ缶コーヒー
    • 阿波鳴門うどん/そうめん
    • 鳴門のうず塩
    • あわ紅豆腐
    • フルーツスターター
    • おー!やさい
    • 香味焙煎 微糖
    • ミルクココア
    • シャテルドン
    • ジャワティ ジャワティストレート
    • ジャワティロイヤルミルクティー
    • クールマイヨール
    • クリスタリン
    • ヴィシーセレスタン
    • 天空烏龍茶
    • マッチ
    • ゴールドブレンド(オリジナル)
    • ゴールドブレンド ブラック
    • エクセラ 牧場ラテ

    大塚食品の会社概要

    • 本社所在地:〒540-0021 大阪府大阪市中央区大手通三丁目2番27号
    • 業種:食料品
    • 代表者:浦田宏二(代表取締役社長)
    • 主要株主:大塚化学 97.4%
    • 大塚ホールディングス 2.6%
    • 設立:1955年5月19日
    • 事業内容:食品・飲料の製造と販売
    • 資本金:10億円
    • 従業員数:560名

    大塚食品とレトルト

    食品の世界には、その後の食のスタイルを劇的に変えた革新的な技術がいくつかあります。例えば、缶詰や冷凍食品、インスタントラーメンなどなど・・・。どれも皆、私たちの食生活には欠かせないものばかりです。そしてもうひとつ忘れてならないのが、レトルト食品でしょう。箱を開けてパッケージを取り出し、お湯で温めるだけ。あとはご飯を用意すれば、カレーやシチューが手軽に食べられますよね。手の込んだ料理をまったく調理せずに食べられるのだから、こんなに便利な食べ物はありませんよね(´∀`*)ここでは大塚食品と縁が深いレトルトについてお話します!

    大塚食品とレトルトカレー

    貴方は「レトルト食品」と聞いて、どんな製品を思い浮かべますか? 多くの人は、まずカレーを思い浮かべるのでは無いでしょうか。そしてカレーと来れば、大塚食品の「ボンカレー」の名が挙がるハズ(´∀`*)実は、日本で初めて市販されたレトルト食品が、大塚食品の「ボンカレー」なんです(・∀・)ご存知でしたか??

    レトルトの進化

    レトルト技術の研究が始まったのは、1950年代のアメリカです。アメリカ陸軍が缶詰に変わる軍用携帯食として開発したものでした。レトルトは缶詰と違ってコンパクトで軽いので、携帯に便利。そして常温で長期間保存でき、食べるときは缶切りも不要です。更に食べた後も容器の処理が簡単♪レトルトはメリットの多い技術でしたが、アメリカでも研究には時間がかかっていたそうです。

    レトルトとは

    ちなみに、本来レトルトとは、高温加熱殺菌釜のことなんです。その釜で加圧・加熱殺菌した食品をレトルト食品といい、レトルト食品を封入している気密性・遮光性のある袋は、レトルトパウチと呼ばれています

    大塚食品とレトルトの開発

    さて、そもそも大塚食品がレトルト開発に着手したキッカケは1964年、関西でカレー粉などを製造販売していた会社を大塚グループが引き継ぎ、「他社にはない画期的な商品」を開発しようとしたのが始まりです。その時、偶然、開発陣の目に止まったのが、米国のパッケージ専門誌に掲載されたソーセージの真空パックに関する記事でした。この記事が目にとまり、「この技術を応用すれば、お湯で温めるだけで誰も失敗しない美味しいカレーができるのでは」と思いつき、世界初の市販用レトルトカレーの開発がスタートしたそうです。

    大塚食品とレトルトの研究(1)

    さて、上記のように「この技術とカレーを組み合わせたら、1人前入りで、誰も失敗しないお湯で温めるだけで食べられる美味しいカレーができるかもしれない。」というアイデアはとても画期的なものでした( ゚ー゚)( 。_。)カレーは庶民の味として親しまれていたものの、お母さんが鍋でじっくり作り、一家揃って食べるものだったからです。こうして大塚食品は独自のやり方でレトルトの研究を進めることとなったのです。

    大塚食品とレトルトの研究(2)

    しかし当時はパウチにする包材もなければレトルト釜もなく、自分たちで作るほかありません。パウチをレトルト釜に入れ、殺菌のために高温処理をすると、中身が膨らんで破裂してしまうという新たな問題も起こりました。この温度と圧力の兼ね合いが難しく、さらには手作りパウチの改善にも困難を極めたそうです(><)

    大塚食品とレトルトの研究(3)

    大塚食品の開発陣は、レトルト釜を何度も組み直しては、圧力や温度を調整し直したそうです。また、手作りのパウチはシーリングが完全ではなく、加熱殺菌中に中身が漏れてしまうこともあったそうです。開発室は、いつもカレーの匂いが充満していたといいますから、苦労が伺われますよね。今では当たり前のレトルト&レトルトカレーにはこんな苦労話もあったんですね

    大塚化学

    オロナミンCといえば、大塚化学株式会社。この大塚化学は、大塚食品の親会社である大塚グループの化学メーカーです。大塚グループの中核企業の一つで、化学品も手がけています。かつては農薬肥料部門もありましたが、現在は大塚アグリテクノとして独立し、大塚グループを離れているようですね。特に化学品部門ではヒドラジンで知られている存在です

    大塚化学の企業理念

    『私も信頼、会社も信頼 信頼は社会の夢 技術と心で信頼の構築 信頼と人の輪を世界に広げよう』。大塚化学は、この企業理念のもと、創造的技術でお客様に貢献、信頼される企業を目指しています。

    大塚化学事業所一覧

    • 大阪本社(大阪府大阪市)
    • 東京本部(東京都千代田区)
    • 徳島工場(徳島県徳島市)
    • 鳴門工場(徳島県鳴門市)
    • 松茂工場(徳島県板野郡)
    • 総合研究所(徳島県徳島市)
    • 糖鎖工学研究所(京都府京都市)
    • 営業部(東京都、大阪府)
    • ニューヨーク事務所(U.S.A)
    • 上海事務所(中国)

    大塚化学事業子会社

    • 大塚食品株式会社:大塚食品は既存の会社で、旧大塚化学の持株会社化以前は流通のみを行っていました。1955年5月19日設立。
    • 株式会社オーガンテクノロジーズ: 再生医療向け医薬品および材料の製造販売・輸出入を行うために新設された会社です。2008年4月21日に設立。
    • 大塚家具製造販売株式会社:医薬品および材料(再生医療向け)の製造販売・輸出入を行うために新設されました。